shoryu20の忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』と柴田亜美さんの『南国少年パプワくん』のレビューもあります。

「飯加玄南が来たの段」 『忍たま乱太郎』16期第1話

「飯加玄南が来たの段」

忍たま乱太郎』16期第1話

2008年3月31日放送

 

出来れば『忍たま』のアニメを1期からレビューしたかったのだが、さすがに出来なかったので、ソフトが出ている16期からのレビュー。
ここから上級生の数が増え、現在の『忍たま』の形が出来上がった。
 
久し振りに見たがオープニングの密度が凄い。10分アニメでこれだけキャラクターが登場しているオープニングもそうそうないんじゃないかな。しかも単にたくさん登場させているだけでなく、キャラクターがそれぞれ動き回っていて実に躍動感のあるワクワクさせられるオープニングに仕上がっている。
 
新シリーズの第1話は休みが終わって忍術学園へ!と言うイメージが強かったので、逆に忍術学園が休みに入ったので乱太郎が家に帰って来ると言うパターンは新鮮。
 
飯加玄南は老けた13歳。13歳と言う事は四年生と同い年か…。剣豪として生きる為、敵に襲われないように風呂に入らないや自分が寝ている事を悟られないように目に細工する等、色々と工夫をする一途さは四年生に通じるものがあるかもしれない。
結局は風呂に入らない事で体臭で敵に居場所がバレる、本当の剣豪は小細工無しでも敵に寝ている事は悟られない等とプロに問題点を指摘されてしまうのも四年生に通じるものがある。
 
さりげないが、きり丸は土井先生の家に帰る時に「ただいま」と言っている。
この時はあまり気にしていなかったが後の「土井先生ときり丸の段」を見ているとちょっと涙ぐんでしまう場面。