shoryu20の忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』と柴田亜美さんの『南国少年パプワくん』のレビューもあります。

「照星と佐武衆の段」 『忍たま乱太郎』16期第47話

「照星と佐武衆の段」

忍たま乱太郎』16期第47話

2008年6月3日放送

 

前回の続き。
 
タソガレドキとの戦の準備を進める忍たま達の話。
 
逆茂木の弱点を聞いたカラクリコンビはその弱点を逆転させようとある準備を。しかし、その手伝いをしていた虎若が敵の鉄砲隊に狙われる。
これ、山田先生と土井先生が全く対処出来ていなかったので、照星さん達が来ていなかったら虎若の命は無かった。実際に『忍たま』で命を落とす人物はいないと思うけれど、『忍たま』の時代はいつ命を失うか分からないと言う事を改めて認識されるシーン。
 
園田村からの要請を受けて照星さんと佐武衆が到着。
アニメでは照星さんに懐く息子を見て虎若の父ちゃんが落ち込み、それを見た虎若がちょっと反省する場面がある。また、原作ではその後に団蔵と清八の話があるのだがアニメではカットしている為、虎若親子の話の直後にきり丸の場面に飛んでいる。ここからギャグになっているのだがBGMがそのまましんみりとした流れなので、見ていてちょっと思うところがある繋ぎ方になっている。
 
忍たま』の具体的な年代は不明だが鉄砲が戦において大きな役割を占めるようになっていて、2千挺の鉄砲を有する佐武衆を味方にすれば戦に必ず勝つと言われている。(ただし、料金が高い。なので自前で鉄砲隊を組織する織田信長のような存在が出てくる) この辺り、日本の戦において大きな転換期を迎えた頃と言える。その為か、火器が得意な三木ヱ門が土井先生と山田先生に呼ばれて戦況の確認を命じられると言うかなり重要な役目を担っている。