shoryu20の忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』と柴田亜美さんの『南国少年パプワくん』のレビューもあります。

「戦い好きの委員長の段」 『忍たま乱太郎』16期第61話

「戦い好きの委員長の段」

忍たま乱太郎』16期第61話

2008年6月23日放送

 

富松作兵衛主演回。
留三郎を恐れる作兵衛の顔が面白い事になっているが、その作兵衛の妄想の中に出てくる留三郎がホントーに酷いw 鈴木千尋さんの演技も良い意味で酷すぎるw
 
16期から登場の留三郎は「勝負だー!」の叫び、「戦う用具委員会委員長」や「武闘派」と言う肩書き、文次郎のライバルとバトル関係の設定が多いので血の気の多い怖い人と言うイメージが付くのは分かる。今回はそれら武闘派のイメージをヤクザや軍隊のイメージへと誇張した上で乱太郎ときり丸に否定させ、最後のオチでも作兵衛の妄想とは違っていましたとする事で結果的に留三郎は「武闘派と言うイメージがあるけれどそんなに無茶苦茶怖い先輩ではない」と言う落としどころになっている。
 
確かに留三郎は怒りっぽくて感情的になるところがあり、後の話では作兵衛が留三郎を恐れたのも理解できるエピソードもあるのだが、留三郎は武闘派の他に説明係と言う役どころもあり、説明をしている時には落ち着いた雰囲気になっている。また原作では一年生と一緒に楽しそうに笑っている場面が多々あり、教育番組とかに出てくるお兄さん的な部分もあるのだが何故かアニメではこの要素はあまり拾われていない。
 
今回の作兵衛はヤクザのアニキみたいな立ち位置。しんべヱ達のような弟分を率いて、留三郎と言うオヤジに仕えている感じ。今回はそんな作兵衛がミスをしてしまったのでオヤジに指詰めか腹切りをさせられるのでは?と戦々恐々とする話と言えば分かりやすいであろうか。
結果的に留三郎は武闘派と言ってもヤクザや軍隊ほどではないので、以降の用具委員会は武闘派と言うより体育会系と言うソフトな感じに変わっていて、留三郎と作兵衛の関係も体育会系の先輩後輩の関係に落ち着いた。