shoryu20の忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』と柴田亜美さんの『南国少年パプワくん』のレビューもあります。

「リリーばあちゃんの陰謀の段」 『忍たま乱太郎』24期第47話

「リリーばあちゃんの陰謀の段」

忍たま乱太郎』24期第47話

 

最初はちょっと豆腐が好きな少年だったのが、いつの間にか好きな豆腐にかけては右に出る者がいないとなり、火薬委員会を実質豆腐委員会とし、五年生も豆腐で一致団結するように変え、忍術学園の中に豆腐小屋を作る等した驚異の人物・久々知兵助の話。

登場初期は格好良くて優秀だけど全体的に地味なキャラだったのが、今では『忍たま』でも上位に入るぶっとびキャラとなった兵助。これは成長した…と言って良いのかな…?

ぶっとびキャラと言えば、滝夜叉丸や三木ヱ門もいるが、彼らが自分達の言動に無自覚なのに対し、兵助は自分が豆腐を勧めすぎると相手が迷惑すると自覚しているところがある。今回はそれを利用してリリーばあちゃんを追い返したわけだが、その一方で、どうしても豆腐を勧めたくなると言う偽らざる部分もある。仮にリリーばあちゃんが兵助が風魔に行かない為にわざと大量の豆腐を自分に勧めたと見抜いて、そんな嘘には騙されないぞとそのまま兵助を風魔に連れて帰ったとしても、おそらく兵助は今度は嘘ではなく本心から風魔の人達に豆腐を勧めまくっていたと思う。

 

今回のリリーばあちゃんの目的は優秀な忍たまを風魔に連れて帰るであった。そこで目を付けたのは勘右衛門、竹左ヱ門、兵助と何故か五年生ばかり。六年生だとすぐ卒業してしまうからかな?

因みに勘右衛門と竹左ヱ門は「兵助の豆腐地獄の段」で兵助の豆腐料理を食べた二人であった。

 

リリーばあちゃんの侵入を阻止せんとする小松田さん。

以前の話ではリリーばあちゃんは入門表にサインをしなかった事で小松田さんに追いかけられてしまったが、今回は最初にサインをしている。さすがに懲りたのか?

 

「スカウト」と「スカート」をかけた勘違いで喜三太のスカート姿が出てきた。普通に可愛かったのが凄い。