読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoryu20の忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』のレビューも始めました。

「照星と雑渡昆奈門の段」 『忍たま乱太郎』24期第59話

忍たま乱太郎24期

「照星と雑渡昆奈門の段」

忍たま乱太郎』24期第59話

 

凄い話が来たものだ。

忍たま』登場人物の中でもトップクラスの実力を誇る照星と雑渡昆奈門の話。

照星も昆奈門も相手の殺気を感じ取っていたと言う事は二人とも「敵がいないのに殺気を放っていた」と言う事でもある。本人はリラックスしているつもりでも無意識のうちに殺気を放っていた事から普段の二人は命のやりとりをしている場所に身を置いている事が分かる。

でも、照星と昆奈門が放っていた殺気は実際は微かなものだと思われる。しかし、照星も昆奈門もその微かな殺気を感じ取れるほどの実力者だったのだ。これなら気を休める為に誰もいない場所に行きたいと二人が思うのも分かる。

 

忍たま視点だと頼れる大人と余裕のある大人である照星と昆奈門だが、今回は自分と同じ実力者と相見えた事から普段は見せない本気を見せている。特に本気で焦りを見せた昆奈門はかなり貴重な姿であった。

 

照星と昆奈門の間に身長差が意外とあった。

映画で昆奈門は「大男」と紹介されていたので、これは照星が小さいのではなくて昆奈門が大きかったのだろう。

 

極度の緊張で喉が渇いた二人。ここで照星は深呼吸して、昆奈門は飲み物を飲む。これは自分が火傷についてよく知らないので推測で書くが、昆奈門は大火傷を負ってから体温調整とかどうなっているのだろうか? 飲み物を飲むシーンが多いのって、実は唾液があまり出なくなったからかなと思った。

 

照星に比べて昆奈門はお茶目な部分で余裕があるように見える。

この辺り、気分転換は昆奈門の方が上手いのかもしれない。

 

乱きりしんののんきな姿を見て思わず和む昆奈門。

こうして見ると、昆奈門は忍たまと出会って変わった事が分かる。

照星と昆奈門は戦場で敵として出会ってもおかしくないのだが、今は忍たまを通して奇妙な縁が出来ていると言うのが面白い。