shoryu20の忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』のレビューもあります。

「三治郎の根性の段」 『忍たま乱太郎』18期第14話

「三治郎の根性の段」

忍たま乱太郎』18期第14話

2010年4月21日放送

 

乱太郎に勝つ為に特訓するも負けてしまった三治郎は泣き顔を見られない為に顔を洗って誤魔化したりする。『忍たま』の登場人物は自分に自信があると言うか、自分のする事にあまり迷いや悩みが無いのだが、三治郎は乱太郎に負けたショックで走る事を止めようとまで思い詰めてしまう。誰も彼もが聞いてもいないのに自分の事を他人に話したがる中、迷いや悩みを内に抱えてしまう三治郎は珍しいキャラ。見ていて、そんなに思い詰めずに私に相談してくれと思ってしまう。

 

ドクたまに三治郎の事を教えたのは魔界之先生。

どうしてドクタケ忍術教室の魔界之先生が忍術学園の三治郎の事を知っていたのか? 魔界之先生は誰かから三治郎の事を聞いたような話し方だったので、ひょっとしたら、土井先生から話をされたのかもしれない。

 

実は乱太郎も密かに走る練習をしていた。こういうのは物凄く主人公っぽくて良い。