shoryu20の忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』と柴田亜美さんの『南国少年パプワくん』のレビューもあります。

「茶をたしなむの段」 『忍たま乱太郎』18期第26話

「茶をたしなむの段」

忍たま乱太郎』18期第26話

2010年5月12日放送

 

自分は腐男子ではないので作品をBL視点で見る事は無いけれど、さすがに今回の金吾といぶ鬼の密会は「どこぞの遠距離恋愛の恋人かロミオとジュリエットだよ!」とツッコみたくなった。

 

今回は金吾といぶ鬼の話でもあるが、一年は組の学級委員長である庄左ヱ門とドクたまのリーダーであるしぶ鬼の話でもある。

忍たまは基本的に同い年は対等の関係となっているが、学級委員長の庄左ヱ門だけは皆を引っ張る「リーダー」と言う特別な役割が与えられている。これは乱太郎達には無い属性であり、今回のしぶ鬼や一年い組の彦四郎と言った他のリーダーや学級委員長との繋がりが強調される話が作られるようになった。

 

そう言えば、商人の子供である庄左ヱ門が茶をたしなんでいると言うのはこの時代では珍しい気がする。確か千利休が出るかどうか辺りの時代だったよね?