shoryu20の忍たま日記

『忍たま乱太郎』について色々と書いていくブログです。藤崎竜さんの『封神演義』と柴田亜美さんの『南国少年パプワくん』のレビューもあります。

「学級委員長委員会の段」 『忍たま乱太郎』19期第65話

「学級委員長委員会の段」

忍たま乱太郎』19期第65話

2011年7月4日放送

 

文化祭で学級委員長委員会所属だと判明した勘右衛門。

実はあの後一度も学級委員長委員会の会議に呼ばれていなかったらしい。他の所属委員の事もよく分からなかったりと、これはさすがに「自分は阻害されているんじゃ…」と勘右衛門が不安を覚えたのも分かる。

文化祭が始まった時はあれだけ勘右衛門獲得に向けて皆が動いていたと言うのに文化祭が終わった途端にかなりの放置状態になっていたようだ。

 

学級委員長は皆のお手本になったり皆の世話を焼いたりしなければいけないらしく、彦四郎は皆が優秀な一年い組で自分が皆のお手本になろうとするのに疲れ、庄左ヱ門も一年は組の皆の世話を焼くのにちょっと疲れ気味との事。学級委員長=リーダーと言うところがあるので、ここはリーダーの大変さとも言える。

 

三郎「五年生ともなるとみんな自己主張が強くなるから…」。

おいおい! お前が五年生の中で最も自己主張が強いだろ!